スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
夏 総決算
2008-08-31 Sun 10:38
おはようございます。

これから伝説を目撃して参ります。

全ては現場に。  TAKE ME HIGHER!!



SLY & THE FAMILY STONE "I WANT TAKE YOU HIGHER"
スポンサーサイト
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
宴、雨中決戦
2008-08-29 Fri 13:31
おはようございます。

いや~あの雨の中騒ぎました呑みました。
悪天候の中、来てくれた皆様には本当に感謝します。
ありがとうございました!!

最初と最後、雨が上がったのはまさしくコブさんとクルーの
「気合」に他なりません。
あのシチュエーションを楽しめるタフさ、あそこに居たみんなが最高でした。

で、俺は今回のテーマ、通常のハンキーではできない「酔っ払う」を
予定通り遂行。終了後、アティックに移っての第二部まで
宴は続き、おかげで写真を撮り忘れる始末・・・
これでいいのです。そこまで酔っ払いたかったのです。
にも関わらずDJ自体は割と納得のいく出来だったなぁ。不思議と。

当然来年も番外編やります。いでっち、次回は絶対、な!
ハンキー、一年に一度あんな楽しみを持つってのは アリでしょ?

別窓 | MITCH | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
血塗れで行こうぜ
2008-08-26 Tue 19:59
ビアガーデンでのハンキー番外編、この天候だとひょっとしたらひょっとするかな?
まあ来年もあるし、雨は止められないですしねぇ。やめば最高なんだけど・・・

今週はその後、日曜がいよいよ国際フォーラムでSLYとSAM MOORE!!

で、9月に入って月末に一本決まりそうです。ありがたい事です。
詳細は追ってココで。

10月は恐らく今年最後のハンキー。ゲストDJのオファーも絶賛進行中!
改装後のアティックはどんなだろう?

11月は14日にTHE WHO@横浜アリーナ!

12月のアティックカウントダウンで今年は〆かな。



最近、夜はSTONESの"LET IT BLEED"でよく眠れております。
STONESではマイベストアルバムです。
アコギのストロークが、スライドが、生ピアノが・・・
そんな生音の温度感に包まれる感じなのでしょう。

そして年末までの残りのスケジュール、この曲の様に行ってみましょう。
タイトルナンバー "LET IT BLEED"  珍しいクラブでのライブ。
どこで演ってもカッコイイ人達です。


別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
灯台下暗し
2008-08-24 Sun 12:40
昨日は町田でイベント、"ロックンロールトゥナイト"
ゲストDJはDJ TAKA!。



P1010024.jpg




いや~楽しかった!

都心ではなく近所町田にロックで踊れる空間があるってのは素晴らしいです。
タカも楽しそうでした。川崎も頑張らなきゃ。

新しい遊び場になりそうです。トーゴウ君いろいろありがとう!

別窓 | MITCH | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
オールナイトでブッ飛ばす?
2008-08-23 Sat 20:58
何やら今日はDJ TAKA!さんが町田に来るらしいですよ。

雨の中ご苦労様です。終電に乗って行ってみましょう~
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
禁断症状、治まる。
2008-08-22 Fri 21:50
レコードハンティング、一週間空けるなんて有り得ないのです。例え買わなくても。
ここの所ずっと仕事にかまけてました。いかんいかん。

そんな久々の収穫。
P1010021.jpg
"MORE DIRTY DANCING"(OST)

このサントラ、ずっとアナログで探してたんですよ。
俺が探す訳ですから当然激安でGETです。

"MORE"ですから当然一枚目が別にあるのですが、そちらは書き下ろし曲がメイン。
こちらはオールディーズ満載、俺のツボ直撃な選曲です。
なんと言ってもOTIS REDDING"LOVE MAN"に尽きます。
パーティのシーンにドンズバでハマってます。ハンキーでもかけようかな。

映画はこんな感じ。「THE 青春」ですね。



別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
KISS KISS BANG BANG
2008-08-20 Wed 20:49
フッと思いついてCD棚から引っ張り出して遊んでみました。
P1010015.jpg
左から大滝詠一 「大瀧詠一」、
FAIRGROUND ATTRACTION 「THE FIRST OF A MILLION KISSES」、
ユーミン 「SURF & SNOW」。


ん~キスジャケにハズレ無し。


別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
80'Sの徒花、90'Sに再評価、08年に再結成
2008-08-18 Mon 22:56
まさかこの人達が再結成するとは・・・

ブルーアイド・ソウル・バンド、ブロウ・モンキーズの18年ぶりの復活作!

はっきり言ってほぼ一発屋なんですけど、その一発が素晴らし過ぎたんですねぇ。
"IT DOESN'T HAVE TO BE THIS WAY"


93~94年頃によく通ってた今はなき渋谷DJバーインクスティックでの
イベント"FREE SOUL UNDERGROUND"で一時期よくプレイされてました。
真似して俺もちょくちょく使ってました。
ミディアムでここまで躍らせる曲ってのも稀だと思います。

THE STYLE COUNCILとSWING OUT SISTERを繋ぐ
ミッシングリンクと言えばいいでしょうか。
いずれにしてもUKソウルの礎的存在であります。
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BEER OR DIE
2008-08-16 Sat 23:32
通っておりますチッタDJビアガーデン。
なんとも居心地のいい空間です。ビールが進む進む。
ピザもおいしゅうございました。あざっす!

で、今日はアティックレギュラーのJ-POPイベント日本製造。
誰でも知ってる曲だらけですからそりゃ盛り上がるってもんです。

雷の光る中、大トリコブさん登場!
P1010013.jpg

ポ~ニョポ~ニョポニョって・・・最高!(笑)
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ビアガーデン、始めました
2008-08-15 Fri 02:11
ハンキー番外編の下見を兼ねて行って参りましたチッタDJビアガーデン。
今日はレゲエのイベントでした。会場、ロングではこんな感じ。
s-P1010009.jpg

ちょっとブースに寄ってみましょう。
P1010010.jpg

俺が初登場した二年前とは違うドーム型のブース、カッコイイ!


そんな訳でここで告知です。


HANKY PANKY (番外編)

8月28日(木)
@ラ チッタデッラ ピアッツァチッタ(屋外広場)
17:00~22:00 小雨決行
入場無料

DJ's
MITCH、いでっち、DAISUKE、DJ TAKA!、
HIROPON、濱ロック、and DJ COBRA  

お問合せ 044-233-1934
特別協力: ハイネケン ジャパン株式会社

ハンキーがチッタビアガーデンに初登場!
夏の終わりを冷えたBEERとロックンロールで締めましょう!
なんてったってタダ!ご来場、お待ちしております!



別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
追悼 ISAAC HAYES
2008-08-13 Wed 21:05
米ソウル・ミュージックを代表するミュージシャン、ISAAC HAYESが死去

MODSご贔屓レーベルの一つ、STAX RECORDSの屋台骨的存在でありました。

俺の愛用Tシャツも泣いています・・・
200808131942000.jpg

この人、まずコンポーザーとしてこの名曲を生み出します。
SAM&DAVE "SOUL MAN"


そして自身で歌い始めてからのコレが名場面。
映画"WATTSTAX"より、STAX MUSIC FESTIVALでの大トリ。
ド派手な衣装はこれぞ70'S!の趣。



享年65歳だそうです。
そう考えると、今月SAM MOOREやSLYを生で見れるって事が
益々貴重な事に思えてなりません。やっと間に合った感でいっぱいです。 R.I.P

別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
EVERYTHING BUT THE GIRL - 強く、美しい音楽
2008-08-11 Mon 21:31
エヴリシング・バット・ザ・ガールの関連作が高音質CD「SHM-CD」で再発

今でも大好きです。
P1010005.jpg

よく聴いていたのは18~20才位の頃。
同じUKシーンではTHE SMITH~STONE ROSESの流れから
アシッドハウスの隆盛によるロックとレイブカルチャーの融合が
「セカンドサマーオブラブ」なんて言われていた時期でした。

EBTGはレーベルがCHERRY REDと言うこともあって
パンク・ニューウェーブ~ネオアコに近いシーンからスタートするのですが、
そこに留まらない多くの音楽性(JAZZ、SOUL、AOR等)を獲得していきます。
当時俺がバイトしていた某地方TV局のバイト仲間ほぼ全員の
共通言語がTHE SMITHとEBTGでした。

こう書くと「お洒落音楽じゃん」と思われるかもですが、
そこはパンクの波を被った世代。詞においての批評精神とイギリス人らしい
ちょっとしたニヒリズムがこの音楽に芯の強さをもたらしています。
だから20年経った今でも聴くに値する音楽で在り続けられる気がするのです。

EBTGはその後ATLANTIC RECORDSに移籍し、アメリカ進出を果たした後、
ハウスに傾倒した音楽性に変貌して行くのですが、それはまた別の話になります。

俺達が愛したアメリカ進出以前のEBTG、恐らくこの辺りがとっかかり易いかな。
"I DON'T WANT TO TALK ABOUT IT"夏には似合いませんが・・・


別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
使い方、間違ってませんか?
2008-08-09 Sat 23:33
最近、いろんなCMでこの曲使われてますよね?


同名の映画まで公開される様ですが、
CM見る度に不愉快な気持ちになるのは俺だけでしょうか?
根拠も説得力もまるで無し。愛情のカケラも見当たりません。

あのですね、この曲ってロックンロールの一番の根っこ、
「反骨精神」を誰も真似できないスケールで表現した
奇跡の一曲なんですよ。

その辺をスルーして単なる美メロの曲って事だけで
選んだ感がアリアリです。
こういう真摯なテーマの曲は本質を理解し切った上で
使いましょうね、制作の皆さん。
「俺、底が浅いんすよね~」なんて自分で言ってる様なものですよ。


いかんいかん、珍しく毒を吐いてしまった・・・

別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
チケ到着!
2008-08-08 Fri 20:27
どーですかぁ!

s-P1010002.jpg



もうね、ニヤケっ放しです。ヒヒヒ・・・
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
幸せのおすそ分け
2008-08-07 Thu 20:58
今日、仲間からおめでたい知らせが届きました。

なんだか自分までにこやかな気分になるものです。
只今ワタクシ、「仏のMITCH」です(笑)。

そんな訳で彼には「おめでとう!」を込めてこの曲を贈ります。
「俺の娘、可愛いだろ?だろ?だろ?」って歌です。
STIEVIE WONDER "ISN'T SHE LOVERY"




別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
オールディーズついでに
2008-08-06 Wed 21:25
こちらはサントラにあまり魅力なし。
LEMON POPSICLE


映画だけで十分楽しめます。リアルタイムで見た人、多いでしょう?



グローイングアップシリーズって1以外は何でDVD化されないんだろう?
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
みんなの夏のサントラは?
2008-08-05 Tue 22:08
再購入しました。アナログで持っていたのですが、CDでは初です。
アメグラ
コレがケース含めてかなりいい状態なのですが、500円切ってたんですよ。
あり得ない安さ!常に目は光らせておくものです。


50'Sブームの波をモロ被りした世代の我々30代後半にとっては、
「最初の洋楽」としてMICHAEL JACKSONやMADONNAと
並んでこのサントラを挙げる人は多い事でしょう。
俺は最初の洋楽がBILLY JOELとSTONESだったので、
それからちょい遅れで聞いたアメグラは「最初のオールディーズ」となりました。

とにかくコレは選曲と曲順に尽きる!映画とは別に一つのストーリーが
完成してますよね。愛に満ちた仕事っぷりです。
オールディーズなら、ヒット曲ならなんでもいいってものじゃないんです。


で、久しぶりに聞いてみて。
なんてったってBUDDY HOLLY!深い、深すぎる。
また新たな発見がありました。
聞き始めて25年ですよ?このサントラ。で、今尚発見があるって・・・

そして劇中の名台詞「ROCK'N'ROLLはBUDDY HOLLYまでだ」は
その3年後イギリスに渡り、「THE DAMNEDの1STアルバムが出た時に
PUNKは死んだ」のこれまた名台詞に受け継がれる訳です。

ちょっと無理がある、かな?

別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
よくぞ言った!
2008-08-01 Fri 20:32
この志の高さ!エッジの効いた語り口!
200808012015000.jpg

コレを分かって作っている音楽を「作品」、
分からずに、又は分かろうとせずに作っている音楽を「商品」と言います。

どちらが正しいか、間違いかなんていうのはまた別の話ですが・・・



字がぼやけて読みにくい場合、配布中の"BOUNCE"をどうぞ!
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| HankyPanky |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。