スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
KIDZ NEXT DOOR
2008-09-30 Tue 19:12
で、次はコレ!
s-DSCF0058.jpg

じゃなくって~

コレ!
hankypanky.jpg

明日発売のDOLL誌(もう並んでるでしょう)の
GENE the GIGOLOCK氏連載でも告知して頂いています。
大感謝です!P59をチェ~~ック!!

そしてそして先日参加させてもらった「ROCK'N'ROLL TONIGHT」から
女性SKA DJ、LULUが緊急参戦します!お楽しみに!!
スポンサーサイト
別窓 | Information | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
今夜は最高
2008-09-28 Sun 13:56
おはようございます。

昨日の「ROCK'N'ROLL TONIGHT」、最高!でした。 
ず~~っと笑ってた様な気がします。

パンク系強めなDJ陣の中、多少のアウェイ感もありつつ、
と思いきや・・・
s-DSCF0047.jpg
町田元気良~し!踊る踊る。おかげ様でプレイも楽しくできました。
s-DSCF0050.jpg

終了間際は撮影大会。デジカメ、ケータイのフラッシュが次々と・・・
タカ、よー来た!
s-DSCF0051.jpg
s-DSCF0056.jpg




呼んでくれたSHIN、ふーさん、クルーのみんなありがとう!町田LUV!!





別窓 | MITCH | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
転石今宵第八章
2008-09-26 Fri 19:24
明日、コレで~す。

image1222423686355950.jpg

【ROCK 'N' ROLL TONIGHT vol.8】

9/27(SAT)@町田SHAMROCK GARDEN
町田市原町田6-21-23久保田ビル3F

START: 21:00~

DOOR/¥1000(1D)

GUEST DJ
MITCH
SトンP
さい

DJ'S
TO-GO
TAKESHI
LULU
DAISUKE
RYO-TA
SHIN

下北では去年俺も呼ばれた「下北沢ナイトウォーカー」の二回目が
あるらしいですが、町田も負けられませんね!是非いらしてくださいませ~

別窓 | Information | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
実は邪道DJです
2008-09-25 Thu 20:24
今週末、DJ生活11年目にしてめでたく地元町田デビューと相成る訳ですが、
タイムテーブルも届きまして、只今セットを組んでる最中です。
s-DSCF0046.jpg

DJがレコードを準備する際、まずほとんどの人は
レコードのチョイスに終始し、セットまでは組まないと思います。
フロアの雰囲気を読みながらその場で選曲するという
DJの基本姿勢から考えて当然それが王道です。

ところが俺が回してるオールディーズ系というのは
ほとんどが2分半の曲ばかりでして、
次の選曲を考えてると曲が終わっちゃうんですよね。

そんな訳で俺の場合は、曲のテンポ、楽器編成、アレンジ、歌詞等々を徹底的に
分析した上で持ち時間内のストーリーを構成し、且つ前後のDJとの繋ぎが
不自然にならない様なセットを事前に組む必要があるのです。

これはDJとしては完全に邪道です。
現場で選曲しないという新鮮味の欠如から
(実際は現場で1~2曲変える事もあります)、
慣れていないとフロアドン引きになりかねません。
俺はもう何年もこのスタイルで通していてほとんどが結果オーライですが、
人にはオススメできないやり方です。

そんな邪道DJを呼んでくれた町田の皆様、本当にありがとうございます。
地元シーンの活性化に一役買う事ができれば本望です。
ワイヤー出身者として、コブラファミリー一員として恥じぬプレイを現場にて・・・

別窓 | MITCH | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
下北が俺を情報オタクにする
2008-09-23 Tue 21:02
お出かけ日和の今日は下北沢でフライヤー置きです。
実は都心に出る事自体結構久しぶりです。

おなじみのショップを数軒回ると、今度こういう服作るんだぁとか、
あのレア盤を誰が買っていったとか、あのレコードの相場は今いくらだとか、
誰々のイベントはどうっだったとか、誰々が久々に新譜を出すらしいとか
まあ色~んな情報が入ってきます。
こういうコミュニケーションを取れる事が大切な財産なんです。いつも感謝です。

特に下北の場合、長話になるショップが多いんですよね。
そんなショップの一つ、毎度登場ハードコアチョコレートへ。
カウンターにコアチョコオリジナルの日本酒(!!)が置いてあってびっくり。
裏ラベルにちゃんとムネ君の名前が・・・
自分で言ってましたけどホント何でもやるよな~。
彼の様に広範囲にアンテナが張れる人って羨ましいです。
来年の話をちょっとだけ聞きましたが、また凄い企画が進行中の様ですよ。

で、今度はコアチョコの下の階にあるDISC LOVOURAへ。
s-DSCF0044.jpg

俺所有の7インチのほとんどはこの店で買ったという程素晴らしい
品揃えのショップです。(ホントは誰にも教えたくない位なんです)

入るとオーナーのハタさん、何とタイムリーにCAROLE KING「TAPESTRY」
初期プレス超激レア盤の手入れの最中。
「俺キャロキン、チケット取れたんすよ~」なんて思わず自慢話から
早速レア盤見分け方講座へ突入(笑)。いや~勉強になりました。

コレがハマったら抜け出せない7インチ蟻地獄(笑)。宝の山です。
s-DSCF0043.jpg

レコードかけてる方がハタさん。顔出しNGなんでこんな感じで。
s-DSCF0041.jpg

ココに来るといつも財布の紐が緩みそうになるんですが、
月末間近を考え我慢我慢。しかも下北は他にもツボなレコ屋がいっぱい。
来月は久々に買いまくろう、かな?

そうそう、町田でも何軒か置いてもらいました。
ヴィレヴァンは下北より町田のほうが好きだなぁ、なんとなく。

さ~て週末は原宿~渋谷~三茶コースと行きましょうか。

別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
CAROLE KING チケット確保!
2008-09-21 Sun 22:28
無事ゲトりました。
s-DSCF0033.jpg

考えてみると俺が見る外タレってみ~んなオリジネイター。
音の旅はまだまだ終わりませんが、俺のテーマ「深く広く」を
追求して行くと結局ルーツに行き着くのかな?
もちろん今の音楽を否定するつもりは毛頭ありませんが。

いずれにしてもロックンロールを作った一人です。
GREATなライブにまたまた泣かされる事でしょう。

CHIFFONSに書いた63年全米TOP5ヒット"ONE FINE DAY"
弾むような 超アッパーロッケンロー!


別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お洒落な天才さん
2008-09-20 Sat 21:10
本日の収穫。
s-DSCF0031.jpg

M-BAND「AKIRA」、高橋幸宏「音楽殺人」
はい、全く接点ありません(笑)。

M-BANDは2枚目の購入です。
1枚目は帯付なので保管用に廻しましょう。
こっちは売るも良し、DJにも良し(使うかなぁ?)、
いずれにしても現場で活躍してもらいましょう。
このブログを見てくれてる皆さんには内容は語るまでも無いですよね?割愛!


高橋幸宏はYMOの中の「センス」担当と
俺的には位置付けています。
(因みに細野晴臣は「新しさ」担当、教授はその名の通り「アカデミック」担当。
あくまで俺的にですが・・・)

この頃スカにハマってたんだろうな~と思わせる
スカ、レゲエナンバー多し、です。
当然テクノ風味で、ですが。
カバーの"STOP, IN THE NAME OF LOVE"(SUPREMES)まで
レゲエ仕立てです。DJには使えないかな?

この辺のカバーセンスやリズムの取り込み方等、
YMO周辺では一番ロック的で分かりやすい構造を持った
ソロアルバムと言えるのではないでしょうか?

そしてジャケと歌詞カードの写真。
1980年の時点で三つボタン、二段ラペルのモッズスーツ!
多分自身のブランドの物でしょうがお洒落過ぎ!先行き過ぎ!
当時のモッズ君達には手が届かなかっただろうな~。

やっぱり音もファッションも「センス」担当でしょ?
コレは売らずに持っておきましょう。



しかし最近邦楽ネタが多いなぁ。
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
R'n'R ALLNIGHTER 10.11
2008-09-19 Fri 21:20
フライヤー到着しました~
現物接写の為、右側の字が斜めってます。堪忍!
hankypanky.jpg

さ、台風が去ったら営業だべ。
別窓 | Information | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
MIDNIGHT "R&E" DJ 登場
2008-09-18 Thu 19:28
いや、ハンキーの話じゃないんですが・・・

普段、移動中はインターFMをよく聞くのですが、
今朝聞いた番宣があの五木ひろしの番組で、
番組名が↓

HIROSHI ITSUKI meets R&E

この「R&E」の生みの親であるこの方から使用許諾は
得たのでしょうか?(笑)

別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
味わいを味わいたい
2008-09-17 Wed 22:07
MUSICAという雑誌をパラパラめくっておりまして、
MUSICA0810.jpg

ライジングサンの記事が気になって巻末の全出演アーティストの
セットリストを見てみると・・・

まずナオキさんが弾いたKENZIのセットの豪華さにニヤリ。

で、ジュンスカやらバービーボーイズやら再結成組が多いなぁ、
ピストルズみたいにはっきり「金儲けの為です」とか言った方が
潔くてカッコイイのになぁ、などと「なんだかなあ」な気分にさせられ。
(だってどう考えたってラフィンの様なピュアな活動はあの人達には
出来ないでしょう?)

そんな中、一番目を引いたのはハリーでして。
セットのほとんどがスライダーズの曲なのにびっくり。
これ、フェス用のサービスなのかどうか分かりませんが、
落胆しなかったのはこの方の場合、間違いなくノスタルジーじゃない所で
鳴らしているはずだと確信できるからなのです。
80'S組にしては新しくも古くもない言葉の選び方を
している詞なので時代を軽く飛び越えられる説得力があるのです。

ライブ見てみたいなあ。
アコギ一本でも構わない(むしろアコギ一本で聞きたい)から
コレ演んないかなあ
別窓 | MITCH | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
静かに暮らす苛立ちを
2008-09-16 Tue 23:25
連休、敢えて何もしませんでした。実験的に。
そうすると、不思議なものでアレしたい、コレしたい、
優先順位はこうだ、等と色々整理がつくんですねぇ。
こんな過ごし方、これはこれでよし、と。
あとは行動あるのみですから。

本日フライヤー入稿です。
ワタル、いいとこ教えてくれました。アリガト!
今回、シンプルながらかなり気に入ってます。
コブさん&MITCHの初コラボ、こうご期待!

ということは今週末から営業開始ですね。
今回のカラーに合わせ、それらしきショップに出没予定です。
町田でも撒けるかな?

ん~結局12月まで月1でDJ入りそうです。嬉しい事です。
今年は意図的にペースを落としたのが良かったのか、
回を重ねる毎に徐々に充実したものとなってます。
右肩上がりってヤツですね。緩やかな角度ながら・・・
常に周りに音楽がある環境から、ある期間ちょっと距離を置くと
より音楽を求める精神状態になれますね、俺の場合は。

だもんで、もうあんまりガツガツしなくてもいいプレイさえしていれば
気に入ってくれる人はまた来てくれるし、良い話も頂けると。
今、そういう良い循環が起きてますね、間違いなく。
いいプレイといいオーガナイズ、徹したいです。
音楽以外に興味の持てる分野ってあまり無いですしね。
そこら辺、我ながらホント不器用だと思うんですが、
それを続ける以外は自分には似合わない様な気がしてます。

「ストイック」という言葉を「禁欲的」というより「求道的」と解釈したいものです。
それを楽しめたら・・・最強ですよね?




別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
WELCOMEBACK! CAROLE KING!!
2008-09-14 Sun 23:24
やっぱり今年は俺的外タレイヤーなんだな~
遂にキャロルキング様の単独公演が決定です。
s-CAROLE KING

いきなりの11月。THE WHOの一週間後です。
去年の来日は若僧二組とのジョイントだったので問題外としてただけに、
今回ばかりは見逃せません。来週は特電かけまくりでしょう。

CAROLE KING。
60年代オールディーズの名曲の数々("LOCOMOTION","ONE FINE DAY",
"WILL YOU LOVE ME TOMORROW"etc...)の作曲者として、
また、ソロデビュー後の「TAPESTRY」1000万枚特大ヒットを代表とする
名盤を連発したシンガーソングライターの祖として、
今の今までこの人の音楽がファンはもちろん、多くのミュージシャン達へ
直接的、間接的に与えた影響は計り知れません。
THE BEATLESでさえ彼女の曲"CHAINS"をカバーした位ですから
どれ程偉大な人かが窺い知れるでしょう。
因みに「TAPESTRY」は俺の洋楽名盤ベスト3の一枚です。
(他2枚はSTEVIE WONDER「TALKING BOOK」とBOB MARLEY & THE WAILERS「LIVE!」)

とにかく駄作、駄曲の無い人なのでどんなセットで来られても
感涙必至のライブとなるでしょう。
"YOU'VE GOT A FRIEND","SWEET SEASONS","JAZZMAN","SIMPLE THINGS",
そして"LOVE MAKES THE WORLD"etc...
チケット取ってもいないのに今から楽しみで仕方ありません。

まずは分かりやすい所からご紹介(おせっかい)して行きます。
誰もが知ってる"LOCOMOTION" ギターはスラッシュが弾いて大盛り上がり大会。


そしてSHIRELLESの全米№1ヒット"WILL YOU STILL LOVE ME TOMORROW"
しっとりとピアノ弾き語りです。




今日はこん位にしといたる(池乃めだか調)。
11月までTHE WHOとダブルで大プッシュ作戦行きます!

別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
決まり!
2008-09-13 Sat 18:36
最終決定です~!!


【HANKY PANKY】

10/11(SAT)@CLUB CITT'A'TTIC

OPEN/START 21:00~

CHARGE:¥500(D別)

GUEST DJ
DJ コータロー (THE SNEAKERS)

SWEET GENE the GIGOLOCK (GIGOLO 13)



DJ'S
MITCH
いでっち
DAISUKE
DJ TAKA!
HIROPON
濱ロック
and DJ COBRA

INFO:CLUB CITT'A'TTIC
044-244-8100
http://clubcitta.co.jp

こちらも強力!ジゴロ13のゲン ザ ジゴロック、アティックに降臨!
彼のDJを体験した方はお分かりかと思いますが、
喋る、見せる、アゲる、の3拍子揃った怒涛のプレイで
ブッ飛ばしてくれるでしょう!お楽しみに!!
別窓 | Information | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ああSA・・・
2008-09-12 Fri 21:23
三崎から帰って参りました。

7月のロフトに続きまたしても間に合わず、涙が・・・
昨日、豪君とそんな話をしていたとは言え、
嗚呼~ごめんね豪君。次は必ず!
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
男の仕事 男の酒 男の語り
2008-09-11 Thu 00:21
川崎でコブさんと呑んでました。

ハンキー10月もう一人のオファー、OKを頂き、
最終決定したのでいろんな物作ったり、ミーティングしたり。

いや~コブさん仕事早っ!しかも俺の要望に倍返しのクオリティー。
いやはや参りました。もっと早く相談しとけば良かった・・・

で、アティック出口すぐの「スタンド」で男呑みの男トーク。
久々にオールマジトークでした。いいもんです。

さてさてハンキー、そのもう一人は・・・もうちょっと引っ張ります。
週末を待て!かな。お楽しみに~!
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お知らせ
2008-09-08 Mon 22:21
さて次行きましょうか!

【ROCK 'N' ROLL TONIGHT vol.8】

9/27(SAT)@町田SHAMROCK GARDEN
町田市原町田6-21-23久保田ビル3F

START: 21:00~

DOOR/¥1000(1D)

GUEST DJ
MITCH
SトンP
さい

DJ'S
TO-GO
TAKESHI
LULU
DAISUKE
RYO-TA
SHIN

久々のゲストDJ。呼んだり呼ばれたりの町田-川崎イイ感じです。
相模原市民MITCH、チャリで乗り込む!?地元なのに初町田。
ん~楽しみです!



【HANKY PANKY】

10/11(SAT)@CLUB CITT'A'TTIC

OPEN/START 21:00~

CHARGE:¥500(D別)

GUEST DJ
DJ コータロー(THE SNEAKERS)

DJ'S
MITCH
いでっち
DAISUKE
DJ TAKA!
HIROPON
濱ロック
and DJ COBRA

INFO:CLUB CITT'A'TTIC
044-244-8100
http://clubcitta.co.jp
一緒にやるのは多分2~3年ぶりかな?
ロカビリーエンターティナー、スニーカーズのコータロー君登場です!
超パーティーモードの選曲とパフォーマンスは必見!!

ハンキー、今年最後です。お見逃しなく!!




別窓 | Information | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ALL SUMMER LONG
2008-09-07 Sun 07:54
只今帰ってきました。

昨日のビアガーデン【アティックナイト】ご来場の皆様、
本当にありがとうございました!
初参戦してくれたロックンロールトゥナイトの
トーゴウ&タケシにも大感謝です!

今回は天気にも恵まれ「あの」ビアガーデン独特の
心地良~い雰囲気の中、めちゃめちゃ楽しくやれました。
あの雰囲気をやっとみんなに味わってもらえた事が
何より嬉しかったのです。

適度な暑さといい感じの風が吹いてとにかくビールが進みます。
ビアガーデン

DJは濱ロックからトリのコブさんの流れで大合唱が始まり!
濱ロック

最高潮な盛り上がりのまま最後の曲が終わった途端、
大粒の雨が!!なんて美しいエンディングでしょう。コブさんカッコ良過ぎ!

雨は一瞬で止みましたが当然アティックへ大移動。打ち上がります。
アティック
コブさん秘蔵のお宝映像、面白過ぎでした!

いや~こんなに楽しく夏を締めくくれるなんて最高の気分です!!
間違いなく忘れられない夏になりました。

そんな訳で最後はもちろんこの曲を。

別窓 | MITCH | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
夏 一週延長
2008-09-05 Fri 23:36
今週は忙しかった~

日曜日、ビアガーデンでコブさんから明日のアティックナイトの話があり、
ハンキークルーに召集をかけるも2人足らず。

月曜日、別のブッキング担当氏が動けずとの事で
ブッキング=俺一任、の体制に。
ここでしばし悩む・・・  「二つの選択肢がある。う~ん・・・」

火曜日、俺的裏テーマを決め、町田軍団が二つ返事で決まり、
(フットワーク良~し!) 告知開始。

水曜日、タイムテーブル作り。3回直しました。
夜、2丁拳銃小堀君からお芝居の招待。ん~楽しみ!

木曜日、各DJへの連絡。夜、金曜ロフトのイベントのお誘いあり~の、
流石に2連チャンはきつい~ので断念。

で、本日金曜日まで上記の動きと同時進行で
10月ハンキーの最終調整をずっとずっとずっと。



いや~ 明日も酔っ払っちゃう よ?
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
OASIS 攻撃モードか!?
2008-09-04 Thu 19:25
リードトラックになるのか、シングルを切るのか、
それはともかく新曲、イイです。

歌メロとコーラスの処理がちょっとFOO FIGHTERSを思わせますが、
リアムが歌えば全てOKです。
こんな骨太なロックンロールで来るとは思わなかったなぁ。
アルバム楽しみです。

まずは静止画ですが、"THE SHOCK OF THE LIGHTNING"
すぐにPV出来るでしょう。
別窓 | MITCH | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SEE YOU IN SEPTEMBER
2008-09-03 Wed 19:42
急なお知らせではありますが、
今週末、再度ビアガーデンやります。

【アティックナイト】

9月6日(土)@ラ・チッタデッラ ピアッツァチッタ(野外広場)
17:00~22:00 入場無料 ※小雨決行

DJ'S
DJ COBRA MITCH いでっち DJ TAKA!
濱ロック TO-GO TAKESHI

お問い合わせ:044-233-1934

特別協力:ハイネケンジャパン株式会社

よかったら是~非!!


TEMPOS "SEE YOU IN SEPTEMBER"

大分前ですが、ある音楽番組で朝妻一郎氏(フジパシフィック音楽出版社長)が
竹内まりや"SEPTEMBER"のモチーフはこの曲だったとの
コメントをしてたのを見た時の驚きと感動は忘れられないです。
嗚呼、何たる洋楽への尽きぬ愛情。
この方が日本人に向けて「ちゃんと」洋楽に接するチャンスを作ってきた
功績は計り知れません。そろそろ国民栄誉賞をあげて下さい。マジで。
別窓 | MITCH | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
SOUL SURVIVOR達の奇跡
2008-09-01 Mon 20:41
今日は長いですよ(笑)

行ってきました国際フォーラム「東京JAZZ2008」
今年は特にJAZZファンでもない俺でも巻き込まれてしまう大事件が。
そうです、遂に遂に初来日を果たすSLY&THE FAMILY STONEの出演。
しかもSOUL LEGEND、SAM MOOREとの共演。
BLACK MUSICファン垂涎の夢のイベントとなった訳です。

SAM MOOREとSLY STONE。
60年代末から70年代初頭にかけて頂点を極め、
その後ドラッグ中毒でどん底を味わい、再起不可能と言われていたにも関わらず
21世紀に入ってまさかまさかのカムバック劇・・・
と、かなり似通ったヒストリーを持つ両者が2008年夏、東京で同じステージに立つ。
しかもSLYは記念すべき初来日。(思えばSTONESより待った事になる訳で!)

こんなにもリアルで美しいストーリーが他にあるでしょうか?
何故俺がフジロックやサマソニに行かず今年の夏はコレを選んだのか、
分かってもらえると嬉しいです。(ちょっと力み過ぎですね)

さてそんな思い込みの激しさとは裏腹に当日の国際フォーラム周辺は・・・
P1010034.jpg

まさにフェスそのもの。ミニステージや屋台がズラリ。
しかし年齢層高めなイベントとあってま~~ったりとした雰囲気。
P1010035.jpg

俺も早速一杯ひっかけます。
P1010036.jpg

さてホールに入ってみましょう。このパネル、ん~期待が高まります。
しかし夜の部もスゴイ面子(JAZZファンには)。
P1010037.jpg

ステージではロベン・フォードというギタリストがプレイ中。
めちゃくちゃ上手いギターはクラプトンをちょっと泥臭くハードにした印象。


そしてそして待つこと30分強。
モニターに"NEXT PERFORMANCE SAM MOORE"の文字が!
客席、ざわざわし始めます。
客電が消されメンバー登場!大歓声で迎える客席(しかしまだ座ったまま)。
一発目"PETER GUNN"!おおっ!!
司令塔のベースの合図でホーンセクションがソロ回しです。
これが5分以上続く焦らし様(笑)。
そしてMC登場。「LADIES & GENTLEMEN!
HOLD ON, HE IS COMING(ニクい洒落!),SAM MOORE!!」のコール!
白い上下のSAM MOORE登場! 俺、涙腺決壊・・・
そのまま"HOLD ON,I’M COMING"に突入!もうボロ泣きです(笑)。

しっかし、なんてタフな喉なんだろう・・・
「枯れた」とか「円熟」といった形容が全く似合わない現役感バリバリの
芯の通ったツヤとハリのあるヴォーカルに驚愕!
マイクから離れた生声もちゃんと二階席まで届いてました。

"I CAN'T TURN YOU LOOSE"のイントロで御大、ニヤニヤしながら両手を挙げて
「立て、立て~」の仕草。堰を切ったようにみんな立ち上がって踊ります。
そしてギターのクリアーなトーンがチャララーン♪
待ってましたの"SOUL MAN"!!「アイマ ソ~ウル メ~ン!」の大合唱。最高!!

盛り上げ上手に鉄壁の演奏。ザッツエンタテインメントなライブにただただ感動。
あんなに楽しいライブなのに泣きっぱなしでした。


さてさていよいよSLYの登場を待つのみとなりました。
が、セッティングがトラブったのかかなり時間を要していました。またもや焦らし作戦?
同じく"NEXT PERFORMANCE SLY & THE FAMILY STONE"の文字が
モニターに浮かぶと大歓声と拍手の嵐で客電が消える前からみんな立ち上がります。

SAM MOOREと比べてSLYは雰囲気も演奏もロックバンドの様相。
だらだらとメンバーが登場し、ギターがヴォコーダーを使って客席を煽ります。
そして聴き慣れたあのイントロ・・・ 一発目"DANCE TO THE MUSIC"!!
「キタ~~~~~ッ
(織田裕二、いや山本高広3000人状態)!!」


この演奏のキレっぷりはハンパなかった!
本日の一曲を選ぶとすれば間違いなくコレです。怒涛のグルーヴで早くも腰砕け。
しかしSLY STONE、まだ姿を現さず。
続く"EVERYDAY PEOPLE"への流れが完璧。
そして「何でこのタイミング?」ってな演奏中のホント中途半端なところで
や~っとSLY STONE登場!!このあまり考えずノリで出て行っちゃう感じが
SLYらしいというかロックっぽいというか・・・ 
しかし客席の絶叫っぷりと言ったらなかった! 俺、二度目の涙腺決壊。

そこからはもう名曲だらけ。"FAMILY AFFAIR"、"STAND" etc etc etc...
所謂「全部乗せ」です(笑)。SLYもヴォーカルは全く問題なし!
なんてジイさん達なんだ・・・
後半はコレも待ってましたの"I WANT TAKE YOU HIGHER"!!
SLY、なんとステージを右に左に歩き回り客席にマイクを差し出しコール&レスポンス。
「ハ~イヤー!!」の大合唱にゴキゲンな表情。すげ~元気じゃん、SLY!

そこからはベースとギターの掛け合いバトル。SLYが先に引っ込んで
チョッパーVSワウの応酬から大ファンク大会
(この辺レッチリのファンが見たらぶっ飛びますよ、マジで)で
エンディングです。当然アンコールが鳴り止みません。

アンコールはメンバー紹介~ソロ回しから
もう一度"I WANT TAKE YOU HIGHER"で大団円。

結局、SLYはセットの半分位しか居なかったのですが、
その気ままな感じがまた良し!とします。
この人の場合、本人を拝めただけで大満足ですよ、ホント。

惜しかったのはド頭2曲の強烈なグルーヴを最後まで保てなかった事かなぁ。
ドラムやホーンセクションにちょっとしたミスもあったし・・・
絶対もっとブッちぎれるポテンシャルは秘めてるはずです。
ワンマンはもっと凄い事になってるでしょう。

総体的に見ると完成度のSAM MOOREに衝撃度のSLYといった対比でしたね。
SAM MOOREはSTEVE WINWOODと並んで生涯ベストライブ一位を、
SLYは次いで三位を贈ります(笑)。チケット代、間違いなく倍返しして貰いました。

そんな幸福感を胸に会場を後にしようとすると・・・
この方が花束を贈っておりました。ダイナマイトソウル!
P1010038.jpg

で、このテンションのまま大人しく帰れるはずもなく、
京浜東北に乗って向かった先がチッタDJビアガーデン。
ライブの感動をまくし立てる俺に嫌な顔一つせず付き合ってくれたコブさん、
ありがとうございました!最高に美味いビールでした。

では最後にちょっとだけおすそ分けを。
来日一週間前、SAM MOORE、こんなライブをやってました。
OTIS REDDINGでもおなじみ"I CAN'T TURN YOU LOOSE"



音楽ってホンっとに素晴らしい!!








別窓 | MITCH | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| HankyPanky |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。